健都健康管理センター〒564-0018吹田市岸部新町5番45号VIERRA(ビエラ)岸辺健都2階 TEL:06-6192-7275

特定健診・特定保健指導のご案内

特定健診とは

 
日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病の予防のために、40歳から74歳までの方を対象に、メタボリックシンドロームに着目した健診を行います
※メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満でかつ、高血糖・高血圧・脂質異常のいずれかを併せもった状態を指します。
 

特定保健指導とは

 
特定健診の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、専門スタッフ(保健師、管理栄養士など)が生活習慣を見直すサポートをします。
当センターでは、人間ドック学会認定、健診情報管理指導士(人間ドックアドバイザー)認定修了の保健師、管理栄養士で保健指導に取り組んでおります。
 

保健指導レベルと支援内容

 

情報提供

 
特定健診受診者全員が対象です。
健康な生活習慣の重要性に対する理解と関心を深め、生活習慣の見直すきっかけとなるよう、基本的な情報を提供します。
健診結果の提供に併せて、個人の生活習慣やその改善に関する基本的な情報を資料で提供いたします。

動機づけ支援

 
メタボリックシンドロームのリスクが出始めた方を対象とした保健指導です。
医師、保健師または管理栄養士による保健指導にて生活習慣を振り返り、行動目標を立てていただきます。
保健指導終了後もその生活が継続できることを目指します。対象者へは、1回の個別支援と3ヶ月後に最終評価を行います。
 

積極的支援

 
メタボリックシンドロームのリスクが重複している方を対象とした保健指導です。
対象となった方には、医師、保健師または管理栄養士による保健指導にて生活習慣を振り返り、行動目標を立てていただきます。
対象者へは、行動目標を達成できるように定期的・継続的な支援を行い、保健指導終了後もその生活が継続できることを目指します。対象者へは、定期的・継続的に3ヶ月間の支援と最終評価を行います。
当センターでは特定健診受診当日に特定保健指導を受講していただくことが可能なため、再度ご来所していただく手間は必要ありません。
また、利用者様の生活状況に応じた支援が行えるよう、多彩な支援コース準備しております。
 
*面談支援コース3か月の間に3(健診日も含む)当センターにお越しいただき、そのたびに身長・体重・InBodyを測定し、その内容について面談させていただくコースです。
InBodyの測定が行えますので、3か月間しっかりと目標に向かって頑張りたいという方にお勧めです。
 
*電話支援コース3か月の間に6回、電話で状況を伺い、ご相談に応じるコースです。ご来所が難しいというかたにお勧めのコースです。
*メール支援コース:3か月の間に6回、メールでご相談に応じるコースです。お仕事が忙しく、電話に出る事が難しい方にお勧めのコースです。
 

健都健康管理センターのアフターフォローについて

 
健診は受けた後が大切です。
毎年健診を受けているから安心と思われている方は少なくありません。
健診を受けて満足されるのではなく、健診を受けた後のアフターフォローこそ、生活習慣の改善や病気の予防・早期発見につながります。
 
当センターでは健診でもし異常が見つかった場合は、医療機関への紹介状の発行*3、特定健診後の特定保健指導、栄養相談、健診後も様々な方法で皆さまの健康のサポートを行います。
 
様々な健康レベルやライフステージのお客様お一人お一人が、健康でいきいきとお過ごしいただくために、ぜひ当センターのアフターフォローサービスをご利用ください。
 

*3紹介状の発行

健診結果に医療的なサポートが必要な項目が見つかった場合は、健診結果送付時に医療機関への紹介状を同封させていだきます。
その紹介状をご持参のうえ、医療機関を受診して頂くことで、受診者様から医療機関への説明の手間が省け、二次健診を受けて頂きやすくなります。
*同センター 済生会吹田病院で、二次健診を希望される方には、健診結果送付時に外来予約表も同封いたしますので、スムーズに受診していただけます。